声をかけても既読スルーされる人のカン違いとは? | コーチングを仕事にする方法

ブログ

声をかけても既読スルーされる人のカン違いとは?

こんにちは。田中直子です。

 

ビジネスを始めたばかりのころは、
知り合いに声をかけることもよくあると思います。

「セミナーを開催するので来ませんか?」とお誘いしたり、
「お試しセッション受けませんか?」とお誘いしたり。

でも、ドキドキしながら声をかけたのに、反応がない(涙)

ということも多いようです。

「ビジネスはお客様の悩み解決」
ですね。

でも、そういった方は、
「お客様の悩み解決」
をちょっとズレて捉えている可能性があります。

つまり、

「アナタ悩んでるでしょ?」
とお客様に直接言っちゃっているのです。

—————————————————
自分が売ることに意識が行っていて、
お客様の気持ちを想像していない。
—————————————————

たとえば、

「お試しセッションやってます!
何かお悩みありませんか?
どんな悩みでも聞きますよ!」

と言っていたり。

相手の方は
「別に私、そんなに悩んでないわ!」
と思うでしょう。

それで、既読スルーされるか、

「特に悩んでいないので大丈夫です」
と断られたりします。

ここで

「いえ、必ずしも悩んでいなくても受けられますよ!
コーチングは、すでにいい状態にいる方が
さらに良くなるためのものですから!」

とかプッシュしても、もう遅いです。

あるいは、セミナーのタイトルが
「5年間も彼氏がいなくて婚活に疲れたアナタのための婚活セミナー」
だったり。

たとえ、相手の方が本当に婚活疲れしていたとしても、
正面から「アナタ婚活疲れしてるでしょ?」
と言われると、素直に認めたくないのです。

それで、
「私、そんなに困ってないわ!」
と、心を閉ざしてしまいます。

つまり、誰でもプライドがあるので
【そんなにネガティブな状態だと思われたくない】
わけです。

—————————————————
大事なのは、こちらから
「アナタ悩んでるでしょ?」とストレートに言わないことです。
—————————————————

それで、相手の方に
「そう、私、それで悩んでるの!」
と気づいてもらうことが必要です。

たとえば、私の元クライアントで
「コーチビジネスコミュニティ 響」スタッフの「佐藤恵美さん」。

彼女のブログタイトルは
「やりたいことで週末起業して、今の会社で出世する方法」
です。

見込み客さんの多くは

「週末起業なんかすると、時間がなくなって、
今の会社の仕事が手抜きになるんじゃないか、
それで評価が下がるんじゃないか」

と恐れています。

それでも、直接
「アナタ会社で評価下がってませんか?」
なんて言いません。

その悩みに、さり気なく気づかせてあげて、
ネガティブ感ゼロの表現になっていますよね?

ビジネスはお客様の悩み解決。

—————————————————
でも、ストレートに
「あなたこんなにネガティブですよ」
と言わず、こんな風にお客様の方から
お悩みに気づいてもらうことが必要です。

あくまでも「お客様の気持ち」を考えた表現で。
—————————————————
・コーチングを説明するのは難しい。
・集客の方法が分からなくて不安。
・ブログに何を書いたらいいか分からない。
そんなコーチの方、全7回無料メールセミナーで分かります!

無料で学べる「コーチングを仕事にする方法」ご登録はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る