ブログ

好感触なのにコーチングのご契約につながらない(涙)

こんにちは。

コーチのウェブ集客の専門家、田中直子です。

先日開催した「コーチビジネスコミュニティ 響」の定例セミナー。

テーマは
「今さら聞けない継続コーチングの契約で押さえるべきポイント」
だったのですが、

参加者様からこんなご感想をいただきました。

*************
◇参加される前は、どのような課題をお持ちでしたか?

体験セッションから継続コーチングへのお申込み、
継続コーチングから次クールへのお申込みが、
好感触なのに実際の契約には至らず、課題に感じていました。

◇参加されて、どのような成果がありましたか?

ロールプレイを通して、コーチがつい当り前に感じて伝えていない、
「行動変容の仕組み」を、クライアントに
具体的にお伝えすることが大切だとわかりました。

そうすることで、
実際に継続コーチングを受けるメリットが、
クライアントに自然に伝わり、
「受けた後どうなれるのか」をイメージでき、
ご契約につながると思いました。

早速、伝えてみようと思います。

(曽我部 友紀子様)
*************

曽我部様がおっしゃっている、

【好感触なのに、実際のご契約につながらない】

これはよくあることですね。

クライアントさんが

「スッキリしました」
「気づきがありました」
「こんなに聞いてもらえたの、初めてです」

などと言ってくださり、
「これは、契約していただけそう!」なんて思いきや、

いざご契約の話になると、いきなり雰囲気が変わり

「今日はお試しセッションだけのつもりだったんで…」
「ちょっとお金が…」
「子供もいるし…時間が…」
「主人の許可を得ないと…」
「考えておきます~」

と言われてしまう(涙)

こんなにがんばったのに…
さっきまで喜んでくれていたのに…

私も、何度もありますよ。

お試しセッションで、よいセッションをするのは大事です。

ただ、それと、「継続していただく」のはまた別の話。

——————————————-
日本の世の中、ほとんどの方は、
「お金を払って、継続して話をする」という常識がありません。
——————————————-

単発の占いなどを受けることはあっても、
「継続する」というカルチャーがもともとありません。

だから、
お試しセッションで普通にセッションをするだけでは、
「ありがとうございました!さよなら~」
となるのは当然なのです。

「ちょっと1回占いで見てもらう」
のと一緒の感覚です。

継続のご契約をいただくには、

——————————————-
「なぜ、継続する必要があるのか?」
を、明確に、ロジカルに、伝える必要があります。
——————————————-

・1回ごとのセッションも、効果がある。
・でも、継続すると、もーっと効果がある。
・だから、お金を払う価値がある。

を、クライアントさんに納得いただいて、初めてご契約になります。

コーチにとっては「継続するのが当たり前」ですが、
クライアントさんにはそうではないので、
そこを明確に言語化する必要があります。

あなたは、クライアントさんに
「ぜひお願いします!」と言っていただける
ような説明ができているでしょうか。

・コーチングを説明するのは難しい。
・集客の方法が分からなくて不安。
・ブログに何を書いたらいいか分からない。
そんなコーチの方、全7回無料メールセミナーで分かります!

無料で学べる「コーチングを仕事にする方法」ご登録はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る