感情を動かそうとしてイタさ満点のセールストーク | コーチングを仕事にする方法

ブログ

感情を動かそうとしてイタさ満点のセールストーク

こんにちは。田中直子です。

最近よく
—————————————————–
巷によくあるマーケティング手法は思考弱者向けのものが多い
—————————————————–
という話をしています。

その1つが
【感情に訴える】
というもの。

よく、過去の自分の苦労話なんかをしている人、見かけませんか?

・親の借金を背負って…
・両親(あるいは自分)が離婚して…

でも、そんな私でも人生がよくなったんです!

だから、あなたが今どんな状況でも大丈夫です!

一緒に頑張りましょう!

という感じで、感情的に共感してもらい、自分の講座などを売る、という流れです。

動画プロモーションで、わざと泣きながら苦労話をする人もいます。
(個人的には「ダサっ!」と思いますが)

—————————————————–
これは、感情を動かして、思考力のない方に
(ほぼ勢いで)買わせようという手法なので、
本当に商品の価値が伝わるわけではありません。
—————————————————–

知り合いでは、感情に訴えて講座を売った結果、
あとで8割のお客様がキャンセルした、という方もいます。

その場では、なんとなく押し切られても、
後から冷静になってみると「なんで申し込んじゃったんだ?」と気づくわけです。

実は「コーチングを売る」という場面でも、
意図せずこれをやってしまう方がよくいらっしゃいます。

お客様の感情に訴えて売ろうとしてしまう。

そもそもコーチングセッションでは
「ロジック」より「感情」を扱うことが多いです。

たとえば、セッションの場で、
思考優位のクライアントさんがロジカルに考え始めたら

「頭で考えすぎないで、気持ちに焦点を当ててくださいね」

なんてやることも多いでしょう。

それをそのまま「コーチングを売る」場面でやると、こんな風になります↓

—————————————————–
昔の私はダメダメだったのに、コーチングを受けてこんなによくなりました!

今、とても幸せです!

だからぜひ、あなたにも受けてみてほしいんです!

全力で応援しますから!
—————————————————–

そんな感じで、自分の「気持ち」を伝えてしまうのですね。

「理由はないけど、がんばるからお金ちょうだい!」
と言っているようなもの。

文字にするとかなりイタイ感じです。

いきなりこれをやると、お客様は
「そんなに鼻息荒く押し付けられても…」
と引いてしまうのですね。

◆そんな風に、コーチングでも、マーケティングでも
【感情>ロジック】
とされることが多いですが、実際は「逆」なのです。

—————————————————–
コーチングを売るのに必要なのは「ロジック」。
【感情<ロジック】
です。
—————————————————–

なので、感情を扱うコーチングが得意、
あるいは好きな方は、

「コーチングセッションの場面」と
「コーチングを売る場面」で頭の切り替えが必要です。

あくまでもロジカルに納得しないと、コーチングの価値は伝わりません。

感情を伝えるなら、最後に少しだけ。

背中を押してクライアントさんの決断を促すために、少し感情を伝えるといいです。

★それで、ロジカルにコーチングの価値を伝えるのに必須なのが「ステップメール」。

ステップメールでは、「読者の価値観を変える」ことができます。

・なぜ、他のどんな手段でもなく、コーチングがいいのか?
・なぜ、他のコーチではなく、自分のコーチングがいいのか?

こういったことを、同業者の批判をせずに理解していただくことが可能です。

—————————————————–
クライアントさんの感情を扱うのが得意だったり
好きな方ほど、これは強力な武器になりますよ。
—————————————————–

というか、これがないとコーチングの価値を伝えるのは「至難の業」でしょう。

・コーチングを説明するのは難しい。
・集客の方法が分からなくて不安。
・ブログに何を書いたらいいか分からない。
そんなコーチの方、全7回無料メールセミナーで分かります!

無料で学べる「コーチングを仕事にする方法」ご登録はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る