タダで相談に乗ってきたのでお金をいただくのに抵抗がある | コーチングを仕事にする方法

ブログ

タダで相談に乗ってきたのでお金をいただくのに抵抗がある

こんにちは。田中直子です。

たまにコーチの方から、

————————————————-
これまで、いろんな友人の相談にタダで乗ってきたので、
コーチングでお金をいただくのに抵抗があります
————————————————-

というご相談をいただきます。

コーチングを趣味ではなく「仕事」にする以上、お金をいただかないと話になりません。

では、どうやったら抵抗なくお金をいただけるようになるでしょうか?

もちろん、コーチングセッションの質を上げて
「これは普通の会話と違う!効果がある」
とクライアントさんに認識していただくのは大前提。

お金をいただくのに抵抗がある方は、
ご自分のコーチングセッションの質に自信がないことが多いです。

「こんなんでお金をいただいちゃっていいのかしら」
と思っているわけですね。

ですので、セッションの質を上げる努力は必要です。

それ以外に、
「いろんな友人の相談にタダで乗ってきた 」
という方は、そもそも周りから

「この人はタダで相談に乗ってくれる」
と思われている可能性が大です。

そうなっている場合は、ご自身も「お金をください」と言い出しにくいし、
周りの方も「えっ?今さらお金払うの?」と思ってしまうわけです。

じゃあどうしたらいいのでしょうか?

今すぐできる対策をお伝えしますね。

それは、

————————————————-
「私と話すのはお金がかかりますよ」
というニオイを普段からさせること。
————————————————-

たとえば、

・「コーチングを『ビジネス 』として始めた」
ということを周りに言う

・「メニュー表」を作ってブログに載せる

とか。

また、もし実際にお友達から相談されたら、

・「まずはメルマガを読んでいただくと疑問にお答えできますよ!
と、メルマガ購読をおすすめする

・「すみません、お金を払ってくださるクライアント様に失礼になりますので…」
と、やんわりお断りする

とかですね。

そういう感じで、普段の言動から

【私の話は有料です】

ということをさり気なく匂わせることです。

もちろん、お金をいただくに値するコーチングセッションをするのは当然ですけどね。

なかなか「コーチングは有料です」と言い出せない方は、よかったら参考にされてください。

・コーチングを説明するのは難しい。
・集客の方法が分からなくて不安。
・ブログに何を書いたらいいか分からない。
そんなコーチの方、全7回無料メールセミナーで分かります!

無料で学べる「コーチングを仕事にする方法」ご登録はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る