コーチングで起業して「継続できる人」と「息切れしちゃう人」の違いとは? | コーチングを仕事にする方法

ブログ

コーチングで起業して「継続できる人」と「息切れしちゃう人」の違いとは?

「コーチングで起業したいです!」
「コーチングやってます!」

という方、めっちゃ多いです。

「起業するだけ」なら誰でもできるんですが、
それを「継続できる人」となると少なくなります。

で、
【起業して、継続できる人とできない人の違いは?】

をよく聞かれるので、その1つをお話します。

1つの大きい違いは

—————————–
「コーチングをとおして、
こういうクライアントさんの役に立つぞ!!!」
—————————–

と、心に決めてるかどうか。

あなたは、

◆クライアントさんのことが好きですか?

◆寝ても覚めても、
「どうやったらクライアントさんの役に立てるか」
を考えてますか?

◆そのクライアントさんが、
毎日毎日、自分の目の前に現れたら
嬉しいですか?

もし、
3つとも「はい!」と即答できるのであれば、
きっと事業を継続できます。

もしそうでなければ、

【どんなクライアントさんの役に立ちたいか?】
【そもそもコーチングで起業したいか?】

を、改めて向き合った方がいいかも。

「コーチをつけたことがないけど、コーチングで起業したい」

っていう方、たまにいらっしゃいます。

そういう方の中には、

「会社員の仕事だけだと不安だから」
「コーチングなら、初期投資が少なくてすむから」
「稼ぐ力を身につけたいから」

という、完全に自分目線の理由で「起業したい」方もいらっしゃるようです。

「コーチングをとおして、
こういうクライアントさんの役に立つぞ!!!」

というところからじゃないので、息切れしちゃう方も多いです。

起業ってそんなに甘くないので。

私は、そういう方には、まずは

【コーチをつけること】

をお勧めしてます。

「どんなクライアントさんの役に立ちたいか?」
「そもそもコーチングで起業したいか?」

に向き合ってもらいます。

しかも、

「自分がコーチングを受けて、
こんな効果があったから、
自分もコーチングをやってます」

と言えると、説得力が増しますよね!

自己啓発セミナーに行かれたことありますか?

私は10年前くらいに行ってたことがあるんですが、
セミナーに行くと、ボランティアの方々が、
次のコースに申し込むよう、激しく勧めてきます。

その方たちは、
自分自身がセミナーを受けて
「よかった」と思ってるので、
あれだけ熱意を持って人に勧められるんですね。

コーチが自己啓発セミナーみたいに
売り込みをする必要はないですが、

【熱意を持ってやってるか?】
というのは、ビジネスの成功に大きく影響します。

私がコーチングで起業して継続できてるのは、

「こういうクライアントさんの役に立つぞ!!!」

が明確だからです。

よく、コーチの方から、

「なんで、
そんなに情熱を持って続けられるんですか??」

と聞かれます。

—————————–
あなたは、

「コーチングをとおして、
こういうクライアントさんの役に立つぞ!!!」

「そもそも、コーチングで起業したいか?」

が明確ですか?
—————————–

・コーチングを説明するのは難しい。
・集客の方法が分からない。
・ブログに何を書いたらいいか分からない。
そんなコーチの方、全7回無料メールセミナーで分かります!

無料で学べる「コーチングを仕事にする方法」ご登録はこちらから

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    ページ上部へ戻る