セッション上達のコツ

  1. 言葉を尽くしているのに売れない理由

    こんにちは、田中直子です。「あなたのサービスの価値を伝えるには言語化力が必要」という話をしました。「セッション」みたいな専門用語を使わずに、細かく言葉にして伝えましょう、という話でした。

  2. 売り込みしなくても売れる方法

    こんにちは、田中直子です。「セールスが苦手」という方は多いと思います。いざ見込み客さんを前にして売ろうとすると、及び腰になってしまう方は多いのではないでしょうか。お試しセッションや個別説明会の場で、お客様の話を聞き、共感したり承認したりの会話がずっと続く。なかなかクロージングに至らない。

  3. お客様が成果を出してくれない!

    こんにちは、田中直子です。「私はコーチとして一生懸命かかわっているのに、お客様がなかなか行動してくれず、成果が出ていないんです」と嘆いている方、たまにいらっしゃいます。コーチやコンサルタントとして、お客様からお金をいただいている以上、何らかの成果を感じていただくのは当然必要ですよね。

  4. お客様とのセッションで何を話していいかわからない!

    こんにちは、田中直子です。コーチとかコンサルタントの方の中には・お客さんとの毎回のセッションが「やること」の確認になってしまう・何を話したらいいのかわからないという方も多いです。

  5. お試しセッションを受けてさえもらえない!

    こんにちは、田中直子です。 先週は、「お試しセッションを受けてもらえても、そこから継続のご契約につながらない」という方に向けて書いていました。でも、もしかすると、もっと手前でつまずいている方も多いかもしれませんね。お試しセッションを受けてもらうまでたどり着けない、という方。

  6. セッション時間がオーバーしてしまうときの対策法

    こんにちは。田中直子です。--------------------------------------------------------セッションでよく時間がオーバーしてしまいます。

  7. 声をかけても既読スルーされる人のカン違いとは?

    こんにちは。田中直子です。 ビジネスを始めたばかりのころは、知り合いに声をかけることもよくあると思います。「セミナーを開催するので来ませんか?」とお誘いしたり、「お試しセッション受けませんか?」とお誘いしたり。

  8. お試しセッションで満足させるな、は誤り

    こんにちは。田中直子です。

  9. 自信がなく「コーチングで成果を出せます」と言えない

    こんにちは。田中直子です。

ページ上部へ戻る