コーチングの価値の伝え方 | コーチングを仕事にする方法

コーチングの価値の伝え方

  1. コーチングを理解してもらえる「〇〇言語」とは?

    こんにちは。田中直子です。 先日の「コーチビジネスコミュニティ 響」メンバー限定セミナー参加者様のご感想を紹介しますね^^セミナーのテーマは「初心者でもできる動画撮影、編集、公開方法」 。

  2. 感情を動かそうとしてイタさ満点のセールストーク

    こんにちは。田中直子です。

  3. えっ、先輩コーチより料金を上げていいんですか?

    こんにちは。田中直子です。「コーチングの収入で生活できるようになりたい、セッション料金を上げたい」という方から、【セッション料金はいくらくらいが妥当でしょうか? 】と聞かれます。

  4. なるほど!と言ってもらえるコーチングの説明のしかた

    こんにちは。田中直子です。先日は、あなたの文章が「読者目線」かどうか、簡単にチェックできる方法をお伝えしました。「主語」を確認してね、ということでした。今回はもう1つ、「なるほど」と言ってもらえるコーチングの説明のしかたをお話しますね。

  5. なぜ「コーチングってわからない」と言われるの?

    こんにちは。田中直子です。

  6. 私はコーチだから「コーチングそのもの」を提供したい

    こんにちは。田中直子です。私はいつも・コーチングをビジネスにするなら「コーチング」を売ろうとしてはいけません、・売るのはお客様の「悩み解決」ですよ、という話をしています。

  7. サービス内容を書いてもお申込みが来ない

    こんにちは。田中直子です。

  8. お試しセッションありがちNGトーク

    こんにちは。田中直子です。

  9. コーチングなんて価値がない!

    こんにちは。田中直子です。先日、「お試しセッション成約率アップ法 」というテーマで「コーチビジネスコミュニティ 響」のメンバー向けセミナーを開催したのですが、参加者様からこんなご報告をいただきました。

ページ上部へ戻る