コーチングの価値の伝え方

  1. どれだけ説明したらコーチングの必要性が伝わるの?

    こんにちは、田中直子です。

  2. お客様の悩みに応えているのに単価を上げられないのはなぜ?

    こんにちは、田中直子です。コーチング契約の単価を上げられず、お困りの方は多いようです。(カウンセリングやセラピー等でも同じです)そういった方がよくやってしまっていることがあります。それは、「お客様のニーズに応える」ということ。

  3. セールス苦手な人は、セールスの定義を変えればうまくいく

    こんにちは、田中直子です。「セールスがうまくできない」という方は多いと思います。中でも「なかなかコーチングの価値が伝わらない」というお話をよく聞きます。(カウンセリングやセラピー等でも同じです)確かに、コーチングの価値を伝えるのって、難しいですよね。

  4. 今後、選ばれ続けるコーチはどんな人?

    こんにちは、田中直子です。最近は「コーチングで起業や副業をしたい」という方がとても多いです。たぶん、「コーチングを受けたい人」より、「コーチングをしたい人」の方が多いと思います。聞くところによると、交流会などに行くと「最近、コーチングやってる人、多いですよね」なんて言われるそうです。

  5. 価値が伝わる!コーチングを説明する方法

    こんにちは、田中直子です。前回、「説明するのが難しいコーチングをどう説明するのか?」という話をしました。(カウンセリングやセラピー等でも同じです)今日はその続き。

  6. コーチングを説明するって、難しいですよね

    こんにちは、田中直子です。コーチングを説明するって、難しいですよね。

  7. なぜ、コーチングの価値がうまく伝わらない?

    こんにちは、田中直子です。「コーチングの価値を伝えたいけど、うまく伝わらない」という方は多いと思います。(カウンセリングやセラピー等も同じです)なぜ、うまく伝わらないのでしょうか?実は、うまく価値を伝えられない方に共通していることがあります。

  8. セールス苦手な初心者でもできる、売り込み感ゼロのトーク

    こんにちは、田中直子です。「セールスが苦手」という方は多いと思います。売り込みをして嫌われたくない。胡散臭いと思われたくない。お金をくださいと言えない。などなど。うまくいかないセールスは、実際、売り込み感が満載だったりして、胡散臭いと思われがちです。

  9. 思いを伝えているのになぜコーチングの価値をわかってもらえない?

    こんにちは、田中直子です。メルマガやブログ、人に会ったときなどに、自分のコーチングの価値を一生懸命伝えているのに、読者や相手の反応がイマイチ。ということはよくあります。

  10. お客様の悩みを絞らず、人生全体を扱うコーチングを売る方法

    こんにちは、田中直子です。 コーチやコンサルタントとしてビジネスをするときには、まず「どんなお悩みの方を対象にするか」を考えます。ですが、たまに「私は、人生全体がよくなるライフコーチングを提供したいです。お客様のお悩みを絞りたくありません」というご相談をいただくことがあります。

ページ上部へ戻る