コーチングの価値の伝え方

  1. 「???」というお顔をされました

    無料メールセミナー「コーチングを仕事にする方法」読者様よりご感想をいただきましたので、許可をいただいてご紹介します。**コーチングの勉強をしていもて、うまく周りの人に伝えられないでいました。

  2. コーチングを受けてもらえない説明のしかた

    さて、メルマガやブログを書くときに重要なことがあります。それは、「コーチングを説明するのではない」ということ。日本ではほとんどの人は「コーチング」を知りません。なので、そもそも「コーチングを受けたい」と思っている人はほとんどいないわけです。

  3. 「コーチングやってます」と人に言えない(涙)

    今回は、コーチングで起業したい方に向けて書いています。コーチの方で、「『コーチングやってます』って人前で言いづらいんです」という方がよくいらっしゃいます。多くの場合、「はあ?コーチングってナンデスカ?」と言われるのを恐れているようです。

  4. 「お金がない」と断られてしまいました(涙)

    今回は、コーチングで起業したい方に向けて書いています。お試しセッションを受けてくださった方が、お金を理由に有料セッションを申し込んでくれません(涙)というご相談をよく受けます。「お金がない」というのは、本当はそうでない場合もあります。

  5. 役に立つ「強み」とそうでない「強み」

    今回は、コーチングを仕事にしたい方に向けて書いています。いつも、コーチングで起業するには、まず「自分のポジショニングを決めましょう」とお話しています。ポジショニングを決めるうえで大事なことの1つは、「自分の強み」を知ること。あなたの「コーチとしての強み」です。

  6. あなたのコーチングが「最高峰」と認識してもらえる方法

    今回は、コーチングを仕事にしたい方に向けて書いています。コーチングで起業して成功するには、何らかの分野で「一番」とみなされる必要があります。ただ「コーチングやってます」だけですと、誰にも認識してもらえません。

  7. 「強み」を売り出してるのにクライアントさんが増えない理由

    今回は、コーチの方がやりがちな「クライアントさんが増えない売り出し方」をお話します。いろんなところで「自分ならではの『強み』を売りにしなさい」と言われているので、「自分の『強み』を伝える必要がある」ということはご存じの方が多いと思います。

  8. コーチングのメリットをどうアピールしたらいいですか?

    読者様よりいただいたご質問に回答していきます。

  9. 最初のクライアントさんはどうやったら作れますか?

    今回は、コーチの方からいただいたこちらのご質問にお答えします↓----------------------------------------最初のクライアントをgetするのにはブログやメルマガでgetするのがいいのか、それともとりあえず周りの人に声をかけまくるのがいいですか。

  10. 「相談事を聞くだけなのにお金取るの?」と言われる方へ

    読者様よりいただいたご質問にお答えしています。今回はこちらのご質問です↓-------------クライアントへの料金提示について。やはり、周りには「相談事を聞いてもらうのにお金取るの?」と言われます。

ページ上部へ戻る