売上につながるセッション

  1. 言葉を尽くしているのに売れない理由

    こんにちは、田中直子です。「あなたのサービスの価値を伝えるには言語化力が必要」という話をしました。「セッション」みたいな専門用語を使わずに、細かく言葉にして伝えましょう、という話でした。

  2. お客様から「考えておきます」と言われたらどうする

    こんにちは、田中直子です。前回、見込み客さんにコーチングの価値を伝えるには、時間をかけてしっかり説明することが必要という話をしました。

  3. コーチングの腕がよくてもご契約につながらない理由

    こんにちは、田中直子です。せっかくコーチングのお試しセッションをしても、なぜか有料のご契約につながらないという方は多いです。(カウンセリングやセラピー等でも同じです)中には、コーチングセッションの腕に自信がある、それなのにご契約いただけない、という方もいらっしゃいます。

  4. 売り込みしなくても売れる方法

    こんにちは、田中直子です。「セールスが苦手」という方は多いと思います。いざ見込み客さんを前にして売ろうとすると、及び腰になってしまう方は多いのではないでしょうか。お試しセッションや個別説明会の場で、お客様の話を聞き、共感したり承認したりの会話がずっと続く。なかなかクロージングに至らない。

  5. お客様が成果を出してくれない!

    こんにちは、田中直子です。「私はコーチとして一生懸命かかわっているのに、お客様がなかなか行動してくれず、成果が出ていないんです」と嘆いている方、たまにいらっしゃいます。コーチやコンサルタントとして、お客様からお金をいただいている以上、何らかの成果を感じていただくのは当然必要ですよね。

  6. お客様は喜んでいるのにご契約につながらない謎

    こんにちは、田中直子です。お客様を増やそうと、フロント商品として単発の・お茶会・セミナー・ワークショップなどを開催する方は多いですね。それで、ほとんどの方は「あわよくば、参加者が継続のコーチング契約をしてくれたらいいな」と思って開催すると思います。

  7. セッションや講座をオンライン化するときのポイント

    こんにちは、田中直子です。最近は、コロナに乗じて(?)「オンライン講座の始めかた教えます」みたいなプロモーションが多いですね。「このご時世だから、オンライン講座のやりかたを教えれば儲かるだろう」と思う人が多いということです。

  8. セッション単価を上げられない最大の理由は?

    こんにちは、田中直子です。「セッションの単価が上げられない」というご相談をよくいただきます。いろいろな方のお話を聴いていると、コーチングセッション1回千円から、多くても1万円くらい、という方が多い印象です。

  9. セミナー開催でソンしない方法

    こんにちは、田中直子です。「セミナーや講座をやってみたい」という方はよくいらっしゃいますね。セミナーや講座を開催する際の「ソンしない進め方」をお話します。よく「まず、セミナー当日の資料を作ってみます。それができたら集客を始めます」とおっしゃる方がいるのですが、実はこれ、順番が逆なのです。

  10. お客様とのセッションで何を話していいかわからない!

    こんにちは、田中直子です。コーチとかコンサルタントの方の中には・お客さんとの毎回のセッションが「やること」の確認になってしまう・何を話したらいいのかわからないという方も多いです。

ページ上部へ戻る